【回顧】平安S・優駿牝馬(オークス)

こんにちはameです♩

先週は土曜日に京都競馬場でダート重賞の平安S、日曜日に東京競馬場で3歳牝馬クラシックのオークスが行われました。

予想は…残念ながら外れましたが、、、早速振り返っていこうと思います◎

平安S 回顧

京都ダート1900mで行われた平安S。最後激しい叩き合いを制したのは一番人気のチュウワウィザードでした!

レースは、サンライズソアが逃げる形になり(作戦だったのかな…?)、マイネルオフィールとマイネルユキツバキが競りかけていくような感じ。道中のラップも緩むことなく進み、前にいた馬にとっては厳しい流れに。

3コーナーに入るところで59kgの斤量を背負ったオメガパフュームが捲っていき、それに合わせて各馬スパート開始。4コーナー入り口まで待って追い出したチュウワウィザードと、真後ろでマークしていたモズアトラクションが後方から一気に馬群を飲み込み、ラスト100mでは二頭の激しい叩き合い。ハナ差でチュウワウィザードが勝利を掴み取りました。

◎クイーンマンボは、休み明けということもあってか馬体重+14kg。パドックでも少し重たいかなー…という感じに見えたので、ここは叩きだったのかな。でもロスのない競馬で最後まで馬群から離されずにゴールしていたので、このコースは合っているのかなと思いました。

○サンライズソアは去年と同じようなラップで行ければ3着内はあったかな…という感じでしたが、あれだけ競りかけられると、最後はきついですね。それでも5着まで残っているからやはり力は上位かと。

△に挙げた二頭も頑張ってましたが…サトノティターンは相変わらずコーナー曲がるときによれそうでw、石橋騎手もまた追いにくそうにしてましたね。右回りなのに右ムチばかり使っているのは、左ムチ叩いて内側によれたら危ないからかな…と勝手に推測。やっぱり左回りで、コーナーもゆったりしたコースの方が合いそうなので、広いコースでまた活躍できるのを楽しみにしたいと思います。アナザートゥルースは、思ってたよりもこのメンバーで戦えていてびっくりでした、何よりずっと馬群の中でレースして、最後も内から伸びていて、成長したなぁ…と。またこれからが楽しみです。

 

軽視してしまったオメガパフューム、こちらは前走大敗組馬体重も450kg前後ということで印から外したのですが、強かったですね。素直に反省ですm(_ _)m大敗直後組の成績がよくないのは5歳以上馬が対象で、まだ4歳のこの馬はもう少し評価するべきでした。そして…すっかり忘れていたのですが、オメガパフュームは左回りで成績を落とす…笑。そう思ってフェブラリーSでは買わなかったのですが、右回りに戻る今回は『買い』だったのかもしれませんm(_ _)m

想定外だったのが12番人気で2着に食い込んだモズアトラクション。完全に実力が足りないだろ〜と甘く見てましたm(_ _)mこの馬の過去成績をみると、京都1900mでの好走歴が多く、阪神での実績も有り。前走大敗組の5歳馬、馬体重も500kg以下ということで切りましたが、過去のレース映像を見返してみると3走前の雅ステークスでは今回と似たような展開で、上がり最速の脚で差し切って1着。初めてのOP戦となった2走前のアルデバランSでは、馬群が縦長になりこの馬には展開が向かなかったこと、最内枠だったこともあり最後の直線で内側に入りながらも馬群を縫って確実に伸びていること、OPでも互角に戦えていることを見れば、サトノティターンやアナザートゥルースと同じくらい評価するべきだったと反省です。過去レースの映像を見れば見るほど、この馬京都コース4コーナーまでの下り坂を利用してスピードに乗るのが上手ですね!

今回重要視したファクターのうち、最も当てはまったのが【栗東所属騎手が優勢】ということでしたΣ(・□・;)美浦所属の田辺騎手・大野騎手・石橋騎手…それなりに人気していましたが、4着・5着・9着…。このファクターはぜひ来年も使いたいと思います。

そんなこんなで、大外れだった平安Sでした。笑

 

優駿牝馬(オークス) 回顧

日曜日、東京競馬場で行われた優駿牝馬(オークス)は、一番人気のラヴズオンリーユーが勝利!兄リアルスティールが取れなかったクラシックの称号を手にしました!

レースはスタートを決めたジョディーがすんなり逃げて、2番手に注目D・レーン騎手のコントラチェックが続く形に。ジョディーがかなり厳しいラップを刻み、1000m通過がまさかの59.1。レース見ながら「はえぇぇぇぇぇぇぇ!」と叫んでしまったほどw腹をくくった逃げというのは、なんて気持ち良いのだろう…と、違うところに快感を感じながら←、見ていましたが、、、緩みのないラップのおかげか、◎ダノンファンタジーは最後伸びきれず5着。割と前目で運んだ○クロノジェネシスもいつもの切れ味を発揮できず3着。

中団の外側でゆっくり運んだラヴズオンリーユーが最後上がり最速の34.5で差し切ってゴール。2着はこちらも人気薄、12番人気のカレンブーケドール。さすがにカレンブーケドールはノーマークでした…。が、父ディープインパクト×母父スキャットダディで、ラヴズオンリーユーと似た血統。ディープ×ストームキャットの組み合わせがハマったレース展開となったのでしょうか。津村騎手のナイス騎乗だったと思います。

▲コントラチェックはジョディーが作った緩みのないラップについていく形となり、直線入ってスタミナ切れ…のように見えました。本来もう少し距離が短い方がいいのかな?

△シャドウディーヴァは直線入って、いけるかも?と思ったのですが…、右にふらふら、左にふらふら…、全然まっすぐ走れてなくてまだまだかなという感じでした。評価した前走・前々走はどちらもラチ沿いを伸びてきていたので、何か頼るものがある方がよかったのかな。

◎ダノンファンタジーは、そのシャドウディーヴァのふらふらを受けて最後まっすぐ走れず。ゴール手前でももう一度伸びているようにも見えたのですが、『お?』と思った瞬間シャドウディーヴァによられて…笑。障害がなにもなかったら…と一瞬思いましたが、やはり距離が長かったのかな。それでも掲示板に来れるということは、もともとの能力の高さだと思います。川田騎手じゃなければもっと後ろでゴールだったかも…と勝手にリーディング騎手の手腕も評価してます笑。今後どういう路線にいくのか楽しみです!

印はつけていませんでしたが、4着ウィクトーリアも強かったですね。最後どこからきた?というところから出てきたのでびっくりでしたが、戸崎騎手が慌てず最後内を狙ってきましたね。上がり2位の34.6は、勝ち馬ラヴズオンリーユーと0.1しか変わらないので、進路取りひとつでクロノジェネシスと入れ替わりがあったかもしれませんね。惜しい4着でした。

 

桜花賞組を評価した今回のオークスでしたが、結果は全然そんなことはなく…、まさかのリステッド競争組のワンツーで決まりました。ミッキークイーンが勝った忘れな草賞より勝ちタイムも着差も強かったラヴズオンリーユーを、素直に評価するべきでした。

それにしても、またレコードですか…。高速馬場はわかっていたことですが、ジョディーが引っ張って厳しい流れにしたのもレコードに繋がったのでしょうね。ジェンティルドンナのオークスを0.8秒も更新するなんて…!各馬、故障がありませんように。次のレースに出る馬も、夏休み挟んで秋から始動する馬も、まずは無事でありますように。

 

 

さぁ!今週はついにダービーウィークですね\(^o^)/

府中では、もうダービーの列ができているとか!!現地に行かれる皆様も、お家で楽しむ皆様も、お出かけしながら馬券を買う皆様も笑、みんなでダービーを楽しみましょう〜♩

 

ame
ameは息子(牡2)と一緒にお家で観戦します〜
気が向いた時につぶやいてます