【今週の重賞】安田記念

こんにちはameです♩

今週から新馬戦もスタートするとのことで、新たなダービーに向けて…ドキドキ、ワクワク、楽しんでいこうと思います( ^ω^ )ここ最近は、素質のある馬を早めにデビューさせて、一旦休ませてからビッグタイトルを取りにいくというのが主流になりつつあるとか…。そういう意味でも、早い時期の新馬戦も楽しみですね!

早速土曜東京でameのPOG指名馬・スタインウェイがデビューしました\(^o^)/…が、まさかの4着。がーーーん。また次回応援したいと思います(;_;)

阪神の新馬戦は話題のリアアメリアがぶっちぎりでの勝利でしたね!川田騎手が一度も追わずに8馬身差で勝ってしまうなんて…。これは楽しみな馬が出てきました!こちらも次走が楽しみですね!

さて、春の連続G1開催も今週で終わり!

ということで、荒れるG1安田記念を予想していきたいと思います!

ame
荒れろー、荒れろー。できれば想定内で荒れてくれーww

安田記念 データ分析

東京競馬場・芝1600mで行われる、春のマイル王決定戦。

東京のマイルといえば荒れることでも有名なコース…。過去も様々な伏兵たちが波乱を呼んでいることもあり、なかなか予想しがいのあるレースだ( ^ω^ )

東京芝1600mは、5月頭に3歳G1のNHKマイル、2週目に牝馬G1のヴィクトリアマイルが行われるが、開催が進むにつれてどのように馬場が変わってくるのか…先週、土曜日の傾向も踏まえて予想していきたいと思う。

 

・前走の4コーナーの位置に注目

まず、土曜日の芝のレースを見ていて、、、先週と変わらず、やはり先行・内側を通った馬の成績が良いように思えた。後方から届いたのは、前半ゆるーく進んだ新馬戦のみだったような…。安田記念では、過去10年の好走馬が前走の4コーナー通過位置が10番手以下、もしくは7〜9番手で通過していたとあるが、果たして今週のこの馬場でそんな後ろにいる馬が届くのか疑問。

 

・前走の単勝人気をチェック

過去10年の出走馬について、前走の単勝人気別成績を調べると、優勝馬10頭中5頭は前走で1番人気だった。好走率では「4番人気」組が「1番人気」組を上回り、「2番人気」組も連対率と3着内率で「1番人気」組を上回っている。なお、「6から9番人気」組は5頭が3着以内に入っているが、「10番人気以下」組は全て4着以下に敗れており、前走で極端な下位人気だった馬は苦戦が続いている。(JRAホームページより引用)

…ということで調べてみたが、今年の出走馬の中で前走10番人気だった馬は該当なしwエントシャイデンとサングレーザーが前走7番人気、ケイアイノーテックとステルヴィオが前走6番人気だったぐらいで、その他の馬は全て5番人気以内に入っている。。。

ame
人気って結局は人が作り出すものだからね…無視していいかな?w

・中心は4〜6歳馬

7歳以上馬は優勝なし。ここ5年の3着内馬に限れば4、5、6歳が中心となっているみたいだが、内訳をみると5〜6歳馬が好走しているときは4歳馬の出走頭数が少なく、4歳馬が多く絡んでいる年は4歳馬の出走頭数が多いことがわかる。イコール若い世代が多いときは、その世代が強いのではないだろうか…という私の勝手な解釈。

…ということで、今年は4歳馬の出走が多いので、思い切って4歳世代から勝負してみたい!

【該当馬】1 ケイアイノーテック、5 インディチャンプ、8 ステルヴィオ、11 エントシャイデン、14 アーモンドアイ、15 ダノンプレミアム

 

・前走の斤量
最後に…前走の負担重量が重いほど好走率が高くなっている。過去10年の牡・せん馬の3着以内馬延べ28頭中21頭は56.5キログラム以上だった。
ということで、アーモンドアイを嫌う理由が1個できた( ^ω^)←

 

コースの特徴

春のNHKマイル、ヴィクトリアマイルから書いているが、、、

(以下、競馬ラボさんより引用)

東京芝1600mは向正面の奥からスタートし、250m地点までは緩やかな下りが続く。3コーナーまでは約550mほどの直線でポジション争いはさほど激しくならず、枠順に有利不利も少ない。ただし、3コーナー手前でいったん坂を登るが、再度下りの状態でコーナーに突入するため、息を抜きたいはずのコーナーで息が抜けない。そのため1400mに比べ上がりが掛かる傾向がある。

マイル戦ながらスタミナ消耗戦になるコースで、このコースを逃げ切るにはスピードに加え、スタミナ、底力が必要となる。このコースが『中距離を走れるくらいのスタミナが要求される』と言われる所以だ。クラスが上がるほど逃げ一辺倒では難しくなる……はずだが、外差しが利きにくくなっている影響なのか、近年は安田記念(ロゴタイプ)、NHKマイルC(メジャーエンブレム、ミッキーアイル)など大舞台での逃げ切りも目立っている。とはいえ、基本は瞬発力を持つ馬が有利なコースだ。

 

このコースが得意な種牡馬、騎手

得意な種牡馬は、ディープインパクトクロフネダイワメジャーロードカナロア

【該当馬】

1 ケイアイノーテック、2 アエロリット、4 サングレーザー、8 ステルヴィオ、11 エントシャイデン、14 アーモンドアイ、15 ダノンプレミアム

このコースが得意な騎手は…

ルメール騎手戸崎騎手福永騎手デムーロ騎手横山典騎手。そしてここ5年の安田記念に4回騎乗してそのうち3回馬券圏内にきている田辺騎手を挙げておきたいと思います。

【該当馬】

2 アエロリット、3 サクラアンプルール、5 インディチャンプ、11 エントシャイデン、13 ペルシアンナイト、14 アーモンドアイ

 

 

安田記念 ameの印

さんざん書いてきたけど、結局2強と言われているやつらが強いんじゃね?説。

でも人気どころから買いたくない派の私w

さて、どうする?

 

◎ 8 ステルヴィオ

ここは敢えて…ステルヴィオ本命でいきたいと思います\(^o^)/

このコースと相性が良いであろうロードカナロア産駒で、4歳馬。そこまで後方からレースを進めるタイプでもなく、4走前の毎日王冠では上がり33.2、2走前の中山記念では中山競馬場ながら33.5の脚を使うなど、上がりの速い脚を使えるところも魅力。鞍上は1ターン戦が得意なのではないかと噂されているD・レーン騎手。ヴィクトリアマイルに続き、そして土曜日の鳴尾記念に続き、安田記念制覇なるか?!私は騎手予想派( ^ω^ )波に乗っている騎手から買いたいと思います!!

 

○ 15 ダノンプレミアム

○ 14 アーモンドアイ

 

このお二方は、強いもんは強い。来るなら来い。馬券は買わない←

ディープ産駒だし、ロードカナロア産駒だし、なんか高速馬場もむきそうだし、騎手も強いし、4歳馬だし、特に出遅れるわけでもないし、、、

ふつーにレースしたら、ふつーに勝ちそうなんだけどね。

でもそこから買いたくないってだけで、強さは認めてますよ。

 

以下、私が思う不安点を。

ダノンプレミアムは、これまでに厳しいレースをしていないんじゃないか説。東京1600mで勝ったサウジアラビアRCではミドルペースだったものの、その他のレースは全てスローペース。今回アエロリットという逃げたい馬がいて、ミドル〜ハイペースでレースが流れると思うので、その厳しい流れでこれまでと同じようなレースができるのか。。。

 

アーモンドアイは海外帰りで、初めての斤量56kg。距離が伸びたオークスやジャパンカップではひたすら「距離もつのか?」と言われていたわりに、今回「久々のマイルで大丈夫か?」なんて言われてるのは…人間とは常に疑いたくなる生き物なんだなwと思わざるを得ない。牝馬で安田記念好走したのはウオッカと昨年のアエロリットのみ。アーモンドアイは牡馬とも互角にやり合える実力があるし、あっさり勝っても全然おかしくない。

ということで、来たら「強かったね」、とんだら「\(^o^)/」となる馬券を買いたい訳です。笑

 

 

▲ 2 アエロリット

前走海外帰りで心配しましたが、超高速で逃げて5着というなんとも驚愕の結果を見せつけたアエロたん!横山騎手から戸崎騎手に変わったので、そこまでアホみたいに早くしないだろうから(コラw)、いい感じで後続の脚を使わせる絶妙なペースを作り出してくれれば…もしかしてもしかしたら、ダービーの逆襲があるかもしれないし、ないかもしれないし。w

個人的に戸崎さんはここ一番!て時より、午前中の平場戦とかで頼りにしてた感じだったのですが(失礼w)、昨年のエポカドーロぐらいから肝が据わったというか、なんか大舞台でも結構良い騎乗が増えているような気がするので、ここは買って楽しんでみたい。

ただ単に芦毛たんが好きだから応援したいってのもある。結局そこかいw

 

△ 1 ケイアイノーテック

こちらも4歳馬で、過去に同じコースのNHKマイルでの勝ちがある。その時は出遅れて後方待機からのレースだったが、、、まぁ土曜日内枠伸びてたし、スタート出ていいとこ回ってきたらもしかしたら先週のロジャーさんみたいなことが起きないかなーと勝手に妄想。ディープ産駒だからね、一応押さえておきたい。

 

△ 11 エントシャイデン

こちらも4歳馬でディープ産駒。前走京王杯スプリングCでは本命にしましたが、、、いつも後方からレースをする馬なので、ここは展開が向かないかな…とは思うものの、ディープさんの仔だし押さえたい一頭。注目している田辺騎手は、クラレントやロゴタイプなど「え、逃げんの?w」みたいな馬でこそ狙いたい騎手なので、、、今回のエントシャイデンはちょっとタイプが違うかな…。スタート出遅れる率高いし、いつも通り後方から進んで何もせずに終わる可能性も高いです。笑

 

△ 7 モズアスコット

昨年の勝ち馬で、高速馬場適正は立証されている。母父がストームバード系で今の東京芝に向いている血統なのではないか。サンデーの血が入っていたらもっと良いのかもしれないが…。昨年みたいな展開になれば一発あってもおかしくない一頭。このコースはとにかくリピーターが多いコースなだけに、ここまで人気が落ちているようであれば狙ってみたい。

 

△ 10 フィアーノロマーノ

昨年の京王杯SCから長い休みを挟んで、渡月橋S4着→ファイナルS1着→ダービー卿CT1着と、確実に実績を積んできている一頭。過去2走がどちらもハイペースの厳しい流れで勝っているので、展開が向けば一発期待してみるのも面白いかもしれない。ただ…鞍上が北村騎手?大丈夫かな?←( ^ω^ )

 

 

 

安田記念の買い目
んーーーー。
ま、アーモンドアイとダノンプレミアムを買いたくない派の私としては、JRA銀行に小銭を預けて終わりそうな気もしますが。w
 
◎ 8 ステルヴィオ 単複 以上。笑
 
これだけで十分楽しめるのではないかと思い始めましたw
 
 
もし当日資金が増えていれば、▲△らへんの複勝を買うか、◎からワイドを買ってみたいと思います\(^o^)/
 
 
 

気が向いた時につぶやいてます