阪神芝2000m

阪神競馬場・芝2000mについてまとめていきたいと思います。

JRAホームページより引用

コースの特徴
内回りコースを使用し、スタートしてすぐに坂を上るため、スタート後はあまりペースは早くならない。外回りコースの1600mや1800mに比べると瞬発力勝負にはなりにくく、ゴール前の坂を2回越えられるタフなスタミナが求められるコースとなっている。
基本は逃げ・先行有利となっており、古馬の上級戦でも馬券の中心は先行馬。枠順やメンバー構成からスムーズに先行できそうな馬を狙いたい。
 
 
このコースが得意な種牡馬
ステイゴールド産駒
切れ味よりスタミナが問われるこのコースで力を発揮するのが、なんと言ってもステイゴールド産駒。阪神競馬場の特徴とも言えるゴール前の急坂で足が止まらないスタミナと、コーナーを器用に回れることも味方しているのではないか。
ベタ買いでも4回に1回は馬券に絡むというデータがあり、さらに回収率をあげるためには8番人気以下の人気薄と、1000万下・1600万下のクラスでは手を出さなければ良い。それだけで勝率20%、単勝回収値152という数字となる。
 
キングカメハメハ産駒
続いて勝率10%越え、複勝率30%越え、そして単勝回収値100越えのキングカメハメハ産駒。先行できるキングカメハメハ産駒がいたら抑えておきたい。
 
ディープインパクト産駒
最後の坂での加速力はやはり侮れない。このコースでも勝率15%、連対率30%、複勝率30%越えと、安定した結果を残している。阪神実績があるディープインパクト産駒は馬券の軸として狙ってみてもいいかもしれない。
 
ルーラーシップ産駒
出走数がそこまで多くはないが、勝率20%越えはステイゴールド産駒やディープインパクト産駒を抑えてトップを誇っている。回収値はそこまで高くないが、スタミナ豊富な血統として抑えておいてもいいかもしれない。
 
 
このコースが得意な騎手
このコースでも、もれなく安定した成績を残しているのが、C・ルメール騎手と、M・デムーロ騎手。二人合わせると約3割の勝ち星を記録している。
 
C・ルメール騎手
より面白い傾向として、1番人気時の平均オッズが2.2倍という数字に対しては採算が合わず、単勝回収値50ほどにとどまったが、2〜4番人気では単勝回収値200越えと、かなり数字をあげてくるのである。断然人気馬よりも2〜4番人気を狙って、利益をいただきたい。
 
M・デムーロ騎手
デムーロ騎手も勝率3割越え、複勝率は45%越えと安定した成績を残している。人気していても素直に買いたい。
 
その他、川田将雅騎手武豊騎手浜中俊騎手池添謙一騎手が複勝率3割越えという数字を残している。若手騎手の中では、松若風馬騎手が複勝率2割越えと頑張っているので応援したい!
 
 
ame
よかったら参考にしてみてね。
 
気が向いた時につぶやいてます